毒親育ちの孤独、原因はやっぱり毒親だったって話。孤独は問題が解決すれば治ります。

強い孤独に苛まれながら生きていく人 毒親

こんにちは、ハインドです。

今日の記事は、

  • 毒親育ちはなぜこんなに孤独を感じるんだろう
  • 普通の人が感じる孤独とは何が違うんだろう
  • 孤独から逃れる方法はないのかな?

今日は、毒親育ちが感じる孤独感について書いていきたいと思います。

まず始めに、私のことを少しお話します。

私は現在30代前半の男性です。

20代の中頃に父親が毒親だということに気づきました。

自分の親が毒親だと気づくまでは、ずっと抑うつ気分や孤独感、不安感、

そして自己評価の低さに悩まされていました。

しかし、毒親である父と向き合い、自分を改善するために様々な努力をした結果、

そのほとんどの悩みを解消し、平穏な生活ができるようになりました。

今日は、そんな毒親から抜け出した私が、毒親育ちの孤独感について、

その原因や解決策をご紹介できればと思います。

こちらの記事も読まれています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

毒親育ちが感じる孤独感の原因

私自身が感じていた孤独感はなんだったのかと考えてみると、以下の3つが原因になっていました。

  1. 周囲の人たちが毒親というものに対して理解がない
  2. 普通の人たちと何かが違うという劣等感
  3. コミュニケーションをするうえでの暗黙のルールが分からない

周囲の人たちが毒親というものに対して理解がない

私が孤独を感じた原因の一つに、周囲の人たちが毒親というものの存在を認知していないということがありました。

そもそも毒親というものの存在は、最近メディアで取り上げられるようになってはきたものの、

まだまだ認知されていません

物理的な暴力を伴うDVなら身体にアザが残ることで証拠になりますが、

精神的DVの場合は何も証拠が残らないんですよね。

もし証拠になるようなものがあるとすれば、子どもの性格が暗いとか、

ちょっと変わった子という印象を持たれるだけ。

それだって親のDVが原因なのではなくて、その子が元々そういう子なんだと思われてお終いです。

私が父の精神的DVの状況を話しても、それは言葉で語るだけであって、

その時の状況や父の表情、声色といったものは伝わらないんですよね。

そうすると周囲からは、

「厳しい家庭だったらどこでもあることだよ。社会に出たらもっと厳しいことがあるよ」

と理解してもらえないことばかりでした。

また、うちは自営で商売をしていて、比較的儲かっていたんですよ。

それで父のお客さんからの評判も悪くなくて、余計に父がヒドイ人間だということを

信じてもらえませんでした。

父のお客さんに対して見せる笑顔を見るたびに、私は怒りが湧いてきた事を思い出します。

誰も私の痛みを理解してくれない、誰も助けてくれないと感じていましたね。

普通の人たちと何かが違うという劣等感

毒親育ちの特徴に、自分は周りの人達と何か違うと感じているというものがありますよね。

まさにそれが孤独感の原因になっていました。

私の場合、みんなと一緒に楽しむということができませんでした

私が楽しんでいる時は、私のテンションの高さにみんな唖然としていましたね。

若い頃は、周りのことが目に入らなくて、他の人達の話を遮って、

とにかく自分だけ話しているという状況がよくありました。

反対に、周りの人たちが楽しんでいる時は、自分だけ取り残されたような気持ちになって、

焦っていたことを覚えています。

他にも見た目や態度が周りとは違うなと感じていましたね。

見た目に関しては、なんで同年代なのにみんなこんなに年上に見えるんだろうと悩んだことがありました。

一方で、友人たちからは顔つきや振る舞いが幼く見えると言われ、傷ついたこともあります。

また、普段からかなりキツイ話し方をしていたり、横柄な態度で接するなど、

やはり他の人たちとは違う振る舞いがありました。

自分の中で、そのような態度でしか人に接する方法を知らず

やらない方が良いと分かっているのに、やめられないというもどかしさがありました。

あと、自分が冗談だと思ってやったことで、友人を本気で怒らせてしまったり、

泣かせてしまったりと言ったこともありましたね。

友人のことをちょっとからかってみたり、意地悪なことをしてみたりといったことで、

別に悪意があるわけでもないのに人を傷つけてしまっていました。

毒親と向き合っていく中で気づいたことですが、友人たちを傷つけていた言動というのは、

実は、私が父から受けていたコミュニケーションそのものでした。

いま考えれば、父のやっていることはイジメと変わらないことだったんですよね。

そりゃ友人が嫌がるのは当然だなと思います。

この頃の言動を振り返ってみると、父からのイジメ行為に耐えるために、

その行為は普通のコミュニケーションなんだと自然に思うようにしていたんだと思うんですよね。

だから友人たちに対して嫌がられる行為をしていても、

私自身は悪意も嫌われることをしているという自覚もない。

気づいたら周りから嫌がられ、人が離れていっていたと私は考えています。

こういった周りの人たちと違う言動があったことで、孤独を感じていましたね。

コミュニケーションをするうえでの暗黙のルールが分からない

コミュニケーションを取る時の暗黙のルール的なものができていないということもありました。

例えば、

  • 人の話は最後まで聞く
  • 目上の人に対しては丁寧な言葉使いで話す
  • 人にはそれぞれ違う考え方があるのにそれを受け入れられない(自分と異なる考えを言われると、自分の考えを否定されたように感じる)
  • グループの中では自分が中心でないと気が済まない

といったことなどです。

これも父とのコミュニケーションが一方的だったことが影響しているんだと感じています。

まともになってから考えると、こんな人が目の前にいたら確実に距離を置くと思いますね。笑

まあこの頃の心理状態を振り返ってみると、自分が異質の存在だということに薄々気づいてはいたんですが、

認めたくないという感情が働いていたんです。

自分は他の人たちとは何かが違う。

でもその違いを認めたくない。

その違いを認めると、自分はまともな人間じゃないことを認めることのようで、本当に孤独になってしまう

それに気づかないように自分を場の中心にして、周りの人達の言動をコントロールしようとしていた。

私はこんな風に当時の自分を分析しています。

みんなと一緒にいると楽しいと感じる反面、家に帰ると強烈な虚しさに襲われて

急に不安になるんですよね。

自分は楽しかったけど、周りの人たちは実は楽しくなかったんじゃないかって。

自分の言動が人を嫌な気持ちにさせていると、無意識に感じ取っていたんだと思います。

復讐より、幸せになる事に意識を向けるのが正解です
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

孤独を感じないようにするためには

孤独を感じないようにするためには、まずは毒親との関係について真正面から向き合わないといけません

私自身、孤独感が解消されたのは、毒親との関係がある程度解決した頃でした。

やはり、毒親育ちの孤独感の根底にあるのは毒親の存在で、

そこを解消しない限りは一生孤独感はつきまとうことになると思います。

周囲の人たちに話しても理解してもらえないことの多い毒親育ちですが、

私はもう誰にも相談しなくなりました

相談すればするだけ、

「お父さんは悪くないと思うよ(あなたが甘えているだけでは?)」

と言われ、心のなかで私のことを批判されているように感じたからです。

理解してもらえなくて孤独を感じるなら、そもそも人に自分のことを話さなければ良い。

シンプルな方法ですが、効果はあったと思います。

見た目や振る舞いが幼いと言われたことや周りの人たちと一緒に楽しめないということについても、

毒親との関係を見直していくと、自然と治っていきました。

また、精神的な部分で大人になったと自分でも実感がありました。

一方で、コミュニケーションの方法については、毒親との問題解決とは別に努力が必要でした。

普通の人は、まっとうな親の姿を見て、適切なコミュニケーションを身に着けていくところ、

人をバカにしたり否定したりといった態度ばかり見ていたので、

コミュニケーションについては、私は完全に欠陥人間でした。

上手なコミュニケーションについて、いろいろな本を読み漁ったり、

いつも楽しそうに会話している人を見つけては、

どんな風にみんなに接しているのかをとことん研究して実践してみたりということをしていました。

そのおかげで、今ではあらゆる人とのコミュニケーションに自信を持てています。

孤独を感じないためには、まずは毒親のことに向き合う。

そして、マイナス発言や人を傷つけてしまうような嫌われるコミュニケーションをなくす。

これだけで私の人生は180度変わりました。

コミュニケーションのテクニックについては、以下の記事で紹介しているものも参考にしてください。

スポンサーリンク

孤独だと感じていても、仲間はいる

毒親の呪縛から開放されてから気づいたことですが、孤独を感じている人はものすごく多いです。

自分自身の孤独と向き合ったおかげで、孤独を感じている人、恐れている人というのが分かるようになります

経験したからこそ分かるってやつですね。

グループに参加していて、楽しそうに振る舞っている人ほど、実は孤独を感じているんだなとか、

リア充気取ってるけど寂しいことを悟られたくないんだなとか、いろいろ見えるようになります。

そういう人たちが分かるようになると、

自分と同じように孤独を感じている人はこんなにもたくさんいるんだと思えるようになって、

それが孤独感がなくなる要素になっていたりします。

孤独を恐れる必要はありません。

とにかく毒親と向き合うことに取り組んでください。

必ず光が見えてきます。

毒親問題、人に話すだけでも解決のヒントが見つかることがあります
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

まとめ

今日は、毒親育ちが感じる孤独について書いてみました。

むかしは孤独が恐くて、とにかく人に関わっていこうとしていました。

でも、そうすると余計に孤独を感じてしまうんですよね。

私自身、毒親育ちで周りとは違う雰囲気だったし、受け入れてもらえない、

おかしなやつだと思われていることも多々ありました。

しかし、それには毒親という明確な原因があって、それが解決できれば状況は一変します。

実の親がヒドイ人間なんだということを受け入れることはツライことですが、

しっかり向き合うことで、必ず幸せを感じられる時がやってきます。

諦めないでください。

あなたの幸せを願いっています。

それではまた。

~THE END~

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました