ミツフジのマスク、評判や口コミが気になる方必見!【購入済みの筆者が徹底レビュー】

ミツフジhamonAGマスク レビュー

こんにちは、ハインドです。

今日の記事は、

  • ミツフジのhamonAGマスクを実際に使用した人のレビューが見たい
  • 使い捨てマスクを手に入れるのに疲れた
  • 繰り返し使えるマスクはないのかな
  • 抗菌作用のあるマスクはないのかな

こういった方のために書きました。

今日は、久々にレビュー記事を書きたいと思います。

今回ご紹介するのは、ミツフジ株式会社の高機能マスク「hamon AG マスク」です。

新型コロナウイルスの影響で、衛生マスクの需要が急激に増加し、なかなか手に入らない状態になっています。

そんな中で、布マスクや水着素材のマスクなど使い捨てでないマスクも多数販売されるようになりました。

今回ご紹介する「hamon AG マスク」も洗濯することで繰り返し使えるマスクです。

レビュー自体まだネット上に少ないようなので、いま購入を検討されている方に参考にして頂ければと思います。

こちらも一緒に読まれています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

「ミツフジ」はどんな会社?

以下、公式ホームページよりの掲載です。

・社名:ミツフジ株式会社

・事業内容:
 銀めっき導電性繊維AGposs®
 ウェアラブルIoT hamon製品の開発・製造・販売

・設立:昭和54年(1979年)3月

・資本金:9,900万円

・代表者:三寺 歩

出典:ミツフジ株式会社

◎ミツフジについて

1956年創業の西陣帯工場を祖業とし、銀繊維を使用したスマートウェアから、独自技術で正確な生体データを取得、解析し、様々な社会課題の解決に挑戦しています。

福島県川俣町の自社工場は、震災・産業復興を目的として、2018年9月竣工し、スマートウェアの生産と、イノベーションラボの役割も備え、川俣町、行政、企業、大学との共同開発を行っています。

新型コロナウィルス感染症等による衛生マスクの必要性が高まる中、皆様により安心と安全をお届けできるよう、社会課題の解決に取り組む企業として、hamon AGマスク™の開発に至りました。

出典:ミツフジ株式会社

会社所在地は、京都・東京に本社があるようです。

また工場が福島にあるようですね。

このマスクのお問い合わせ先になっているのは、東京本社です。

詳しくは、HPを御覧ください。

リンク:ミツフジ株式会社-「hamonAGマスク」ニュースリリース

スポンサーリンク

hamon AG マスクのレビュー

ここからはhamonAGマスクを実際に手にした筆者が、その使用感を徹底的にレビューしていきたいと思います。

公式スペック

まずは、公式スペックです。

hamonAGマスクは、ミツフジが独自開発した銀メッキ繊維と医療用繊維を組み合わせて作られた高機能衛生マスクです。

新型コロナウイルスの影響で全国的なマスク不足に陥っている現状をふまえ、

繰り返し洗濯・使用が可能なものが開発されました。

主な特徴は、以下の通りです。

銀繊維シートによる抗菌防臭効果

・医療用ウェアと同じ素材で作る制菌効果

・ウェアラブル繊維テクノロジーを使った独自のフィット感

・花粉99%カット※3

・ホールガーメント※4ならではの立体的なシルエット

・ゴム紐がないため耳が痛くなりにくい

・長繊維使用により毛羽立ちしにくく、柔らかい肌触り

出典:ミツフジ株式会社-「hamonAGマスク」ニュースリリース

素材について

本体(ポリエステル84%、ポリウレタン16%)

銀繊維シート部(ナイロン100%、銀めっき加工)※5

出典:ミツフジ株式会社-「hamonAGマスク」ニュースリリース

価格やその他の情報

希望小売価格: 1枚3,000円(税別)

洗濯耐久性:約50回※6(家庭用洗濯機を利用した場合)

色・サイズ:白・フリーサイズ(伸縮性があるため性別問わずご使用いただけます)

生産枚数:5万枚/月

自社工場(福島県川俣町)にて製造

 ※1 衛生マスクはウイルスの侵入を完全に防ぐものではありません。

 ※2「hamon AG マスク」はミツフジ株式会社が商標登録出願中です。

 ※3「一般社団法人日本衛生材料工業連合会全国マスク工業会規定試験方法」による試験結果に基づきます。

 ※4 [ホールガーメント]は株式会社島精機製作所の登録商標です。

 ※5 金属アレルギーの方は使用をお控えください。

 ※6 ミツフジ株式会社の自社内試験結果に基づきます。

出典:ミツフジ株式会社-「hamonAGマスク」ニュースリリース

税込み1枚3,300円に加えて、配送料:380円がかかります

ちなみに販売価格や送料は、ミツフジから直接購入した場合です。

その他ECサイトを通しての購入の場合は、異なる可能性があります。

使い捨てではなく洗濯して何度も使用可能という点銀繊維シートによる抗菌効果があるという点が、

hamonAGマスクの大きな特徴だと思います。

説明書や案内文書

マスク及び説明書等は、A4サイズの書類の入る封筒に入って届きました。

中身はこんな感じです。

ミツフジhamonAGマスク

案内文及び説明書は以下の通りです。
下の画像、スマホだと文字が見えにくい場合があります。一枚ごとの画像下に拡大表示ボタンがあるので、スクロールしてそちらをタップすると見やすくなります。

これら3枚の書類以外に、納品書も同封されています。

hamon AG マスクのレビュー

ここからは実際に、hamonAGマスクを着けてみた感想を書いていこうと思います。

デザイン性

デザインについては、ホールガーメント(縫い目ができない編み方)ということで、

スッキリしたスタイリッシュなデザインに仕上がっていて、気に入っています。

一方、マスク前部がポケットになっているせいか、ほんの少しダブついているのが気になりました。

伸縮性のある生地で、ポケットが付いているのでダブつきは仕方ないのかなと思いますが、

もう少し工夫できなかったのかなと思います。

まあ、使い捨てマスクのようにゴワゴワした雰囲気にならないだけで、十分良いデザインだと思います。

質感・臭い

まず質感についてですが、ものすごく肌触りが良いです。

生地自体は高級タオルのような触り心地で、包帯のように伸縮性があります。

どちらかというと包帯を厚手にして作ったという表現のほうが、イメージに近いかもしれませんね。

不織布マスクだと、何度も着け外ししていると毛羽立ってきて、肌がチクチクしてくることがありますが、

そういった点も問題なさそうです。

臭いについては、まったく気になりません

まさに新品のタオルのような臭いです。

丸1日着けていても、まったくニオイは気になりませんし、汗をかいても問題ありません。

マスク自体、制菌効果のある素材でできており、銀繊維シートも抗菌防臭効果があるということで、

しっかり防臭に役立っているんじゃないかと思います。

また、すでに10回以上洗濯して使用していますが、ニオイうつりがヒドイとか、

変なニオイが出てきたということはありませんので、防臭効果の高い製品だと思います。

着け心地・サイズ感

着け心地もとても良いです。

やはり伸縮性のあるタオル生地のような素材でできているので、とても気持ち良い付け心地です。

あと、一般的なマスクではゴム紐で耳が擦れて痛むことがありますが、それもあまり気になりませんね。

サイズ感については、普通サイズの一般的な不織布マスクに比べ小さいです。

私は男性ですが、顎の部分がもう少し首の方まであれば良いなと感じますね。

あくびなど口を大きく開く仕草をすると、口元まで上がってきてしまい、

下に引っ張り戻さないといけなくなります。

また、マスク全体が伸縮性のある素材でできているので、耳を引っ張る力が強めです。

マスクと肌が擦れた時の痛みは気になりませんが、耳が引っ張られ圧迫される痛みは少しあるので、

ここは気になってしまいました。

ただ、このマスク自体、自分で伸ばすことによるサイズ調整が可能となっているので、

あまり問題になりませんね。

使い始めは少し小さいと感じましたし、洗濯後は少し縮んでしまいますが、

引っ張って伸ばせばほど良いサイズに調整することができました。

それに、洗濯回数を増すごとにサイズが馴染んできて、洗濯後のサイズ調整をする必要がなくなってきています

(ちなみに生地がくたびれてきたという事ではないので安心してください。)

サイズ感については、まさにフリーサイズという表示が合うマスクだと思います。

女性の場合はサイズ調整せずに、そのまま使用するのがちょうど良いと思います。

密閉性

密閉性については、まったく問題ないと思います。

左右及び顎の部分については、ピタッと吸い付くように密着します。

不織布マスクの場合、頬の折り目ができる部分に隙間ができてしまうことがありますが、

こちらのマスクでは完全に頬に張り付くようになるので密閉性が高いと感じます。

このフィット感も着け心地が良い理由だと思います。

一番気になる鼻周りですが、こちらも不織布マスクと遜色ないのかなと私は感じます。

不織布マスクのように鼻の形にフィットさせるためのガイドワイヤーは付いていないんですが、

元々がフィット感のある素材なので、私は十分密閉されていると感じます。

不織布マスクでも、ガイドワイヤーのおかげで完全に隙間がなくなるかと言うとそんなことはないので、

大した差はないと思います。

息苦しさについても、不織布マスクとほとんど差はないです。

ただ、不織布マスクに比べ生地が厚手なので、春から夏にかけては熱がこもるんじゃないかなと思います。

でも、汗をかいたりした時は、マスク自体が汗を吸い取ってくれるので、

着け心地自体はこちらのほうが良いかもしれません。

不織布マスクは汗かくとベタベタしますからね。

銀繊維ブロックシート

ミツフジhamonAGマスク 銀繊維ブロックシート

hamonAGマスクの特徴である銀繊維ブロックシートについてですが、

こちらは抗菌・防臭効果があるとアナウンスされています。

銀については、抗菌・防臭効果がむかしから広く知られているところで、

制汗スプレーなどの衛生用品に含まれているのをよく見かけますよね。

一方で、抗菌と言いつつ、いま一番気になる新型コロナウイルスに対して抗菌作用を発揮するかは書かれていません

(そもそもマスク自体も花粉99%カットとなっているだけで、ウイルスの捕集効率等の表記はありません。)

ですので、新型ウイルスへの効果を過度に期待するのは良くないと私は思っています。

まあ、不織布マスクでは完全に存在しない機能なので、この銀繊維シートがあることで、安心感は増していますね。

この銀繊維シートは、マスクの内側のポケットから挿入して使用します。

ミツフジhamonAGマスクと銀繊維ブロックシート
ミツフジhamonAGマスクと銀繊維ブロックシート

ポケットにシートが入っている状態でも、シート自体が薄いので着け心地に一切変化はありません。

ただ、シートをポケットに入れる際に、シートがクルッと丸まってしまうことがあり、

挿入には少しコツがいります。

また、ポケット自体が少し大きめに作られているので、シートがポケット内を移動し、

口に当たるちょうど良い位置からズレてしまう(右側にズレることが多い)ことがあります。

これは、マスクを着けた状態で外側から中央に寄せてあげるようにするか、

耳にかける部分の片側を持ってもう片方を下にし上下に軽く振ってあげると、調整しやすいです。

洗濯後

洗濯は説明書にある通り、小さめのネットを使って洗濯機で洗いました。

洗濯後、ネットから取り出してみると、あれ?!気持ち小さくなったかな?!と少しビックリ

hamonAGマスクは、もともと小さめのサイズで引き伸ばしてサイズ調整をするタイプのマスクです。

最初着ける時に、自分に合うサイズに調整していたんですが、洗濯したことで元のサイズに戻っていました。

まあ結局また伸ばしてやると、ほどよいサイズになったので特に問題ありませんでしたけどね。

すでに10回近く洗濯していますが、だんだんサイズが馴染んできて毎回のサイズ調整が必要なくなってきました

それでもくたびれた感がまだ出ていないので、やはり丈夫な製品だなという印象を受けますね。

あと、マスク自体の機能のことではないんですが、気になったのがどんな洗剤を使って洗濯するかということです。

まず、洗剤のニオイについてなんですが、水の量に合わせて洗剤を入れると、

マスクを着けた時に香りが強すぎて鼻が痛くなりました

マスクはずっと顔に密着しているので、洗剤の量は少なめが良いですね。

それと、柔軟剤を使っての洗濯をオススメします。

私自身、肌が強くないというのもあるとは思いますが、タオルのような生地でできているので、

柔軟剤を使わずに洗濯すると、ザラザラした感触が強くなり、顔が痒くなってきます。

香りと柔軟成分の2つをクリアさせるために、マスクについては、私は無香料の柔軟剤を使っています。

Amazonはこちら>>>

Amazon | サラヤ SARAYA ヤシノミ 柔軟剤 本体 600mL 無添加 | ヤシノミ | ドラッグストア
サラヤ SARAYA ヤシノミ 柔軟剤 本体 600mL 無添加がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

不織布マスクとの比較

すでに書いた通りですが、付け心地やサイズ感、臭い、洗濯して繰り返し使用できること、そして銀繊維ブロックシートなど、

不織布マスクに比べて評価できる点は多いと思います。

価格についても、不織布マスクは4,000円前後(1箱50枚入り、送料込み)で取引されているものが多い中で、

1枚3,300円(50回使用可能)で抗菌シート付属というのは、コスパ的にはかなり良いんではないでしょうか。(2020年4月26日時点)

もっとも、銀繊維ブロックシートの新型コロナウイルスへの効果やマスク自体の捕集効率など、

不透明な部分もあるので、そのあたりを考慮に入れて購入を検討したほうが良いと私は思っています。

他の方の評判・レビュー

他の方のレビューや口コミを探してみたんですが、まだまだ少ないですね。

あっても一言レビューがある程度。

少し寂しいですが、皆さんの参考になるように簡単にまとめておきますね。

こちらはhamonAGマスクを取り扱っているECサイトのインスタ投稿ですね。

運営スタッフで実際に使用しているようです。

使い込むほど柔らかさが増していくなんて最高の素材ですね。

私のイメージでは、使い込むとくたびれていくだけだと思っていました。

これからが楽しみです。

こちらの方は、サイズが小さいと言われていますね。

これには私も同感です。

最初着けてみた時は耳が痛いと感じましたね。

ただ、このマスク自体伸縮性のある素材でできていて、伸ばしてサイズ調整ができるよういなっています。

私も自分のマスクを伸ばしてみましたが、良い具合に伸びて馴染んでいます。

一回伸ばした程度ではすぐに元にもどってしまうので、

繰り返し伸ばして調整すればちょうど良い大きさに調節できますよ。

スポンサーリンク

購入方法

現在利用できる購入方法は、以下の3つです。

(以下は個人で購入される場合です。法人は別の窓口となります。詳しくは、HPを御覧ください。)

  1. ミツフジ hamon AGストアミツフジ公式オンラインショップ)からの購入
  2. HonyaClub.com からの購入
  3. 紀伊國屋ウェブストア からの購入

(*発売当初の注文方法だったミツフジ HPからの直接注文は、現在行われていないようです。)

私は、ミツフジHPからの購入でした。

注文から購入、発送までの流れとしては、以下のようになっています。

  1. ミツフジHPの専用注文フォームより申込み
  2. 1週間後、注文内容再確認メールが届く
  3. 購入代金の振込先案内が届く
  4. 商品到着(私の場合は注文から約1ヶ月で手元に届きました。)

最初の注文の際には、受付確認のメールが届き、改めて注文内容の再確認メールを送る趣旨の案内があります。

次の注文内容再確認メールで、注文個数の変更(増減)・キャンセルがある場合は、

メール記載のリンクから連絡を入れるよう指示がありました。

また、納期の大まかな目安も一緒に記載されていました。

そして、振り込み先が記載された案内が届き、指定された日時までの入金で、

その週の金曜日発送というアナウンスがありました。

マスクは予定通り到着しましたが、注文から到着まで約1ヶ月かかってしまいました。

上記の販売サイトでは、現在、どの方法でも注文できない状態になっていますね。

ミツフジHP では、メールを送っておくと注文予約再開時に案内がもらえるようになっています。

5/28現在、入荷連絡をもらえるのは HonyaClub.com だけになっていますね。

発売当初は、ミツフジ HPからの注文再開連絡があったんですが、公式オンラインショップでは、

現在そういったサービスは行っていないようですね。

購入を検討されている方は、HonyaClub.comで準備しておくと良いでしょう。

ちなみに、上で書いた購入までの流れですが、注文時期によっては変わっている可能性があります。

参考程度に思っておいてください。

こちらの記事も読まれています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

夏仕様hamonAGマスク発売決定!

ミツフジより、hamonAGマスクの夏仕様が発売されることになり、5月26日にアナウンスがありました。

ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、衛生マスク不足の緩和にお役に立てるよう、50回洗濯可能な、医療用繊維を使用した高機能衛生マスク※1「hamon AGマスクTM」を3月17日より販売しております。発売以来、多くのお客様よりたくさんの貴重なご意見を頂戴し、中でも、夏向けのマスクのご要望が多かったため、新たに開発を進めてまいりました。
本日、これまでの技術を結集して全面改良した “100回洗える夏マスク hamon AGマスク” を発売いたします。

ミツフジ株式会社 HP

hamonAGマスク(春)への要望

春に発売されたhamonAGマスクには、購入者から様々な声が寄せられていました。

フィット感と着け心地は良いが、耳が引っ張られる感じがする。


日焼け対策などを考慮した、薄い夏用マスクで、従来と同じ機能をつけてほしい。


白以外のマスクが欲しい/ファンデーションが付きにくい、汚れが目立ちにくいマスクを作ってほしい。

もっと洗濯可能回数を増やしてほしい。

ミツフジ株式会社 HP

この他にも従来品ユーザーの私としては、以下のような課題があると感じていました。

  • 銀繊維ブロックシートをマスクポケットに挿入するのに手間取る
  • 銀繊維シートが口元や鼻の位置からずれていることがある
  • 銀繊維シートの端が丸まってしまう
  • マスクと銀繊維シートが別々なので、洗濯する際に手間がかかる

マスクのポケットが大きめに作られているので、その中で銀繊維シートが動いてしまうんですよね。

そのため、ときどき鏡で確認したりして位置を直す必要がありました。

また、銀繊維シートは端がクルッと丸くなりやすく、マスクへの挿入時に綺麗に挿入できなかったり、

マスク内で丸まって小さくなっていたりということもありました。

従来品は、手間だと感じることが多い印象でした。

たくさんの声からできたhamonAGマスク(夏)

こういった購入者の声に答える形で、ミツフジでは夏仕様のhamonAGマスクを製造するにあたり、

以下のような仕様変更を加えています。

耳掛け部分を改良し、フィット感をそのままに、耳の引っ張り感をなくしました。

従来品は銀繊維シートを入れるために2重構造でしたが、新開発した銀めっき繊維配合の専用糸「AG fit AQUA」をマスク本体に使用。1層マスクの薄さで接触冷感、抗菌防臭効果を実現しました。

日焼け対策となるよう肌の露出を抑えたマスクデザインとし、UVカット効果も期待できます。

特殊糸加工と設計により、ファンデーションが付着しても目立ちにくい色と構造に改良しました。

家庭用洗濯機において、従来の50回から倍となる100回の洗濯耐久性を実現しました。

ミツフジ株式会社 HP

個人的に改善して欲しい、こんな製品だったら良いなというものが網羅されていてビックリの仕様変更でした。

特に、銀繊維自体をマスク生地に編み込むことで、同じ抗菌防臭効果を維持しつつ、

銀繊維ブロックシートを廃止した点がすばらしいと思います。

春モデルポリエステル84%、ポリウレタン16%(+抗菌防臭の銀繊維シート)
夏モデルAGposs 57%、ポリエステル29%、ポリウレタン14%
hamonAGマスクの原料比較表

銀繊維シートの出し入れが必要ない分、メンテナンス性が向上して、より使いやすくなっていますね。

また、耳掛け部分の改良から耳が痛くなることも少なくなるでしょうし、

耐久性も100回の洗濯に耐えるようになっているということで、コスパも上がって、

さらに購入しやすい製品になったと感じます。

あと、マスクの色がグレーになったのも個人的には嬉しいですね。

ほとんどのマスクがそうですが、白いマスクって顔周りが明るすぎて、

私としては微妙だと感じていました。

また、女性の場合は、メイクうつりの心配が少なくなりますね。

発売時期・購入方法

夏仕様のhamonAGマスクは、7月上旬出荷開始予定で、現在は予約販売を行っている状況です。

購入方法などをこちらにまとめておきます。

価格:3,300円(税込み)
送料:全国一律380円
購入制限:一人10枚まで
販売方法:ミツフジショッピングサイト
出荷予定:7月上旬
hamonAGマスク(夏)購入概要

春発売のhamonAGマスクも人気で、現在でも手に入りにくい状況が続いていますね。

夏仕様も早めに予約注文しておかないと、気づけば売り切れになってしまうでしょうね。

リンク>>>ミツフジショッピングサイト

私も1点購入しました。

手に入るのは少し先になりますが、従来品に比べての使用感やその他マスクとの比較レビューをしていこうと思っています。

もし購入を検討されている方がいらっしゃったら、参考にして頂ければと思います。

お楽しみに!

スポンサーリンク

参考

ここでは、ミツフジのマスクがすぐに手に入らない、他のマスクでもすぐ手に入るものが良いという方のために、

楽天市場で購入できるマスクをご紹介します。

楽天市場でマスクをタダで手に入れる方法も一緒にご紹介しますので、よければご覧ください。

マスクをタダで手に入れる方法

もうご存知の方も多いと思いますが、楽天カードに新規入会すると新規入会ポイントが付与されます。

この入会ポイントを使ってマスクを購入すると、タダでマスクを手に入れることができ、

場合によっては、お釣りがくることもあります。

もし、まだ楽天カード持ってないよって方は、ぜひ活用してください。

入会規約や付与ポイントの詳細は、楽天カードHPで確認してください。

リンク>>>楽天カード

リンク>>>楽天プレミアムカード

良いなと思った布マスクまとめ

新型ウイルスが落ち着くまでまだまだマスクが手放せないと思います。

そこで、繰り返し使える布系マスクをまとめてみました。

なお、リンクは楽天市場から拾ってきています。Yahoo Japanでは取り扱いがない場合もありますので、ご了承ください

上記マスクのレビューです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まだご存じない方へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私もhamonAGマスク以外に数点購入していますので、また次回以降の記事でレビューできればと思います。

すぐに手に入る使い捨てマスクまとめ

マスクは使い捨ての方が自分に合っているという方もいらっしゃると思います。

そういった方のために、現状手に入る使い捨てマスクを参考までにいくつかあげておきます。

すぐにでも欲しいって方は、ご覧になってみてください。

なお、リンクは楽天市場から拾ってきています。(Yahoo Japanでは取り扱いがない場合もありますので、ご了承ください

①(50枚入)

②(60枚入)

スポンサーリンク

最後に

今日は、久々にレビュー記事を書いてみました。

ミツフジのhamonAGマスク、個人的にはオススメの商品です。

私自身、マスクに求めているものは、

  • 直接飛沫を浴びないこと
  • 自分自身が他の人にうつさない(飛沫を飛ばさない)こと

の2点です。

私は、ウイルスの捕集効果よりも飛沫の防止を目的に着けるようにしています。

感染のリスクを減らすためには、私は手洗いうがいの徹底が一番大切だと思っています。

ですので、自分自身から出る飛沫の拡散・接触を防ぐことができ、

なおかつ不織布マスクにはない銀繊維シートによる抗菌効果をオマケ的に考えて、

hamonAGマスクを購入しました。

抗菌ができる銀繊維シートのようなものは、ないよりある方が良いですからね。

マスク不足はまだしばらく続くと考えられます。

みなさんも繰り返し使えるマスクを一つは持っておいても良いのではないでしょうか。

出典:ミツフジ株式会社 HP

~THE END~

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました