【レビュー】medi+の抗菌布製マスク、評判や口コミが気になる人へ!徹底的に評価していきます!

medi+抗菌布製マスク① レビュー

こんにちは、ハインドです。

今日の記事は、

  • medi+抗菌布製マスクを実際に使った人のレビューが見たい
  • 布マスクって良いのかな
  • いろんなマスクのレビューが見たいな
  • どうせなら抗菌仕様のマスクが欲しい
  • 夏用のマスクが欲しい

といった方のために書きました。

今日の記事は、株式会社ゼフィールの「medi+ anti-virus control 抗菌布製マスク」のレビューをしたいと思います。

夏用も出ています>>> 

最近では新型コロナウイルスの影響から、いろいろなメーカーで布マスクが販売されるようになりましたね。

そんな中で抗菌・抗ウイルスという謳い文句のマスクを見つけて、

つい買ってしまったのが今回レビューするmedi+抗菌布製マスクです。

少しでも新型ウイルスを抑えたいと、抗菌・抗ウイルスのマスクが気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、これからmedi+抗菌布製マスクを徹底的にレビューしていきたいと思いますので、

購入の参考にしてください。

こちらの記事も読まれています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

製造元「株式会社ゼフィール」はどんな会社?

社名

株式会社ゼフィール

資本金

1000万円

設立

平成元年

住所

〒932-0131 富山県小矢部市名畑5071-1

電話番号

0766-69-7813

FAX番号

0766-69-7812

E-mail

info@idog.jp

代表取締役

長谷川 恭市

店舗運営責任者

長谷川 奈美

店舗セキュリティ責任者

嵐 一則

事業内容

犬用洋服の製造販売、犬猫用フード・グッズ販売。

出典:IDOG & ICAT(楽天市場)

ゼフィールのHPを見つけることができなかったんですが、

オリジナルブランドとして展開されている「iDog&iCat」の販売ページに会社概要があったので、

転載しておきます。

製造・販売元の「株式会社ゼフィール」は富山に本社がある、

主にペット用品を扱っている会社のようですね。

楽天市場やYAHOO!ショッピングに出店されています。

スポンサーリンク

medi+ 抗菌布製マスクのレビュー

それでは、ここから「medi+ 抗菌布製マスク」のレビューをしていきたいと思います。

まずは、公式スペックからです。

公式スペック

抗ウィルス・抗菌機能加工を施した3Dマスク 安心・安全の成分を使ったメディカル視点の製品

抗ウィルス・抗菌機能加工を施した3Dマスクです。 布表面に付いたウイルスや菌を無害化・増殖を防いでくれます。

信頼のおける国内メーカーの安心・安全な抗ウィルス・抗菌成分を固着しています。 使った後も洗って繰り返し使えるので、環境にも優しくとってもエコです。

鼻や喉を乾燥から守る高い保湿性に優れ、柔らかい素材感で顔にしっかりフィットします。

紐はある程度の長さ調整が可能です。 お好みの長さで縛り、結び目を織り込み部分にしまえば耳に結び目が当たることなく、見た目もスッキリとお使いいただけます。

出典:medi+抗菌布製マスク販売ページ(楽天市場)

カラー

PEホワイト/メディカルホワイト/綿ホワイト/綿オフホワイト/綿杢グレー/綿ネイビー/ボーダーピンク/ボーダーネイビー

素材

PEホワイト・メディカルホワイト)ポリエステル100% / 綿)綿100% / ボーダー)綿60%、エステル40%

サイズ

M/L

枚数

2枚入り

生産国

日本

対象

風邪・花粉・ほこり・園芸等

抗ウイルス・抗菌加工

本体、耳ひも部

出典:medi+抗菌布製マスク販売ページ(楽天市場)

medi+ 抗菌布製マスクは、抗菌・抗ウイルス加工を施した3D布マスクです。

洗って何度でも使用できるタイプのマスクですね。

公式な商品詳細については、上にあげた表の通りですが、

このタイプ以外にもポケット付きでフィルターを追加できるタイプ

子ども用サイズのものも販売されています。

夏用も出ましたね!

マスクのレビュー

それでは、ここから実際の使用感をレビューしていこうと思います。

ちなみに私(男性)が購入したのは、綿ネイビーのMサイズです。

medi+抗菌布製マスク 広げた状態

下記のマスクサイズの確認方法で、私には「小さめサイズ」が良いということが分かったので、

Mサイズを購入しました。

自分に合ったサイズのマスクが分からないって方は、一度確認してみましょう。

マスクサイズの確認方法

出典:一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 HP

デザイン性

まずデザイン性ですが、悪くないデザインだと思います。

ただ、際立ってデザインが良いかと言われれば、そういうわけでもなく、

私は普通以上のデザインなのかなと思っています。

右頬部分に付いている「medi+」とプリントされた白いタグが、

ワンポイントになっていて高級感が感じられるので、すごく気に入っています。

medi+抗菌布製マスク
medi+抗菌布製マスク

ネイビーという重めのカラーですが、白いタグがあるおかげで、

味気なさが少なくなっていて良いなと思いました。

カラーについては、しっかりした色合いで丁寧に仕上げられていると感じます。

ゴム部分もマスクと同色になっているのも良いなと思いました。

縫製はしっかりしていて、さすが日本製といったところですね。

ただ、白いタグの部分の縫製が少し粗いです。

マスク自体がキレイに縫製されているだけに、ちょっと残念です。

ただ、目を凝らさないと見えないので、ほとんど問題ないと思いますけどね。

質感・臭い

十分に良い製品なんだと感じますね。

生地自体、柔らかいですが、すごくしっかりしていて安っぽさは全く感じません

ゴム部分も平ゴムでしっかりしていて、耳の痛さが軽減されるようになっています。

繰り返し洗濯しても問題なく使っていける製品だと思います。

ニオイについては、普通の衣料品のニオイです。

特に気になるようなニオイはありませんね。

着け心地・サイズ感

まず、私(男性)が購入したのはMサイズになります。

着け心地については、とても良い印象です。

生地自体、柔らかい素材ですので違和感等はまったく感じられません。

そして、マスク自体のサイズ感ですが、今回始めて小さめサイズを購入しました。

私は男性で、2種類のサイズがあれば、いつも大きい方のサイズを注文していたのですが、

マスクサイズの確認方法を知ったので、今回小さい方のサイズを注文しました。

上でご紹介したマスクサイズ確認方法では、私は「小さめサイズ」でした。)

そうすると、幅についてはちょうど良いんですが、縦の長さがあと1cm欲しいと感じました。

やはり男性は大きい方のサイズを頼むべきですね。笑

Lサイズの場合、Mサイズに比べて縦の長さが1.5cm長くつくられています。

それで丁度良いかなと思います。

もっとも、販売ページで紹介されているサイズは目安ですので、

実際のサイズと誤差がある場合があります。

私も手元にあるもののサイズを測ってみたんですが、縦に8mm、幅が2.5cm短かかったです。

medi+抗菌布製マスク

縦は12.2cm。

medi+抗菌布製マスク

横は16.5cmです。

商品ページの公称サイズは、以下の通りです。

サイズ
1921
高さ1314.5
紐長さ(調節可能)2326
出典: medi+抗菌布製マスク販売ページより(楽天市場)

測定する際に、生地をどれくらいまで引き伸ばすかによっても長さは変わると思うんですが、

公称サイズよりも若干小さいと思っておいた方が良いと思います。

それにしても商品ページに記載されているサイズ通りであれば、私にとってはちょうど良かったのに、

本当に残念です。

耳にかけるゴムに関しては、調節できるので便利ですね。

medi+抗菌布製マスク

ただ、あまり伸びないタイプのゴムひもなので、細かく調節をしないといけない点が手間だと感じました。

密閉性

密閉性については、すごく良いと思います。

生地もしっかりしていて、なおかつゴムも調整できるので、顔とマスクの隙間を少なくできます。

人によっては呼吸しづらいと感じる方もいるかもしれませんが、

空気が、顔との隙間ではなくマスクを通って出入りしているなと感じます。

私的には、ウイルスを捕集するフィルターの役目をマスクが果たしていると感じるので、

安心して使用できますね。

(もっとも、どれくらいウイルスを捕集できるかは分かりませんので、「フィルターの機能を果たしている」というのは、あくまでも個人的な感想です。)

こちらのマスクは、ノーズワイヤーが入っていないので、鼻周りに少し隙間ができてしまいますが、

それでも十分な密閉性があると感じます。

いままで購入した使い捨てでないマスクの中でも、しっかりしたつくりの製品だと思います。

一方で、夏場はかなり蒸れるだろうなという印象です。

マスクによる熱中症が危険だと言われていますが、こちらも夏場に着けるのは辛いだろうなと思います。

ただ、夏用のタイプも出ているので、暑い時期はこちらを着けるのが良いですね。

洗濯後

洗濯後も特に異常はありません。

サイズを定規で測ってみましたが、洗濯前とまったく変わらず、

やはりしっかりした生地だなという印象です。

色落ちについては、まだ洗濯回数が少ないのでなんとも言えない部分はありますが、

こちらも今のところ問題ありません。

だた、やはり一般の衣料品と同じく徐々に色落ちしていくんだと思います。

不織布マスクとの比較

不織布マスクと比べてみると、デザインやカラーバリエーションなど優れている部分がたくさんあります。

一方で、不織布マスクとは異なりウイルスなどの捕集効果があるかどうかは分かりません。

しかし、こちらのマスクはポケット付きのタイプも販売されています。

ポケット付きタイプでは、不織布シートを入れることでフィルター機能をアップすることがでます

したがって、不織布マスクに匹敵する効果が出せると私は考えています。

また、不織布マスクにはない抗菌・抗ウイルスの機能も魅力的だと思います。

(もっとも、ウイルスの増殖を抑える「抗菌」仕様であり、ウイルスを死滅させる「殺菌」とは違うので注意が必要です。)

現在、品質に疑問のある不織布マスクが高値で販売されていますが、

そちらを買うんだったら私は、こちらのmedi+マスクを買ったほうが良いと思います。

他の方のレビュー

楽天市場の商品ページで他の購入者のレビューを確認してみました。

★5つの評価が圧倒的に多いです!

かなりの高評価ですね!

★3つ以下は、ほとんどありませんでした。

サイズが思っていたものと違うという方を数人見かけましたが、製品ごとの個体差のせいかなと思います。

その点については、手作りなので致し方ないでしょう。

リンク>>>楽天市場で他の方のレビューを確認する

スポンサーリンク

購入方法

ここでは楽天市場での購入方法についてご紹介します。

まず、このmedi+抗菌布製マスクは人気で、すぐに売り切れてしまいます

販売ページを見ても「在庫なし」と表示されている場合が、ほとんどです。

ただ、再入荷された場合のお知らせを設定できますので、準備しておけば良いでしょう。

私の場合、お知らせが来たタイミングですぐに販売ページより購入手続きを行いました。

この記事を作成中に何度か販売ページを見ていますが、こまめに在庫が補充されていると感じます。

売り切れになってしまうのも早いですが、補充が早いので比較的手に入りやすいんじゃないかと思います。

商品到着まで購入から2,3日だったと思います。

販売ページにもあるように、1~2営業日以内に発送ということで迅速な対応でした。

一点、気をつけておかないといけないことがあります。

それは、2点以上の商品を購入する際は、一点ずつ数量を「1」として購入しないと

送料が有料となってしまうことです。

1点ずつ購入すると全てメール便対応ということで、送料は無料となります。

詳しくは、販売ページを確認してください。

スポンサーリンク

参考

ここでは、参考までに楽天市場で販売されるマスクをタダで手に入れる方法と、

今回ご紹介したマスク以外で良いなと思ったものをご紹介します。

少しでもコストを抑えて、良いマスクを買いたいって方は、ぜひ参考にしてください。

マスクをタダで手に入れる方法

もうご存知の方も多いとは思いますが、楽天カードに新規入会した場合、

特典として入会ポイントが付与されます。

もし、まだ加入されていない方がいらっしゃったら、ぜひ活用してください。

マスクを購入してもお釣りがきますよ!

リンク>>>楽天カード

リンク>>>楽天プレミアムカード

良いなと思った布マスクまとめ

こちらのリンクは楽天市場からのもののため、Yahoo!ショッピングでは取り扱いがない場合があります。ご了承ください。

すぐ手に入るアルコール消毒液一覧
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

現在手に入る使い捨てマスクまとめ

こちらのリンクは楽天市場からのもののため、Yahoo!ショッピングでは取り扱いがない場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、株式会社ゼフィールの「medi+ anti-virus control 抗菌布製マスク」のレビュー記事でした。

自分の選択ミスで小さいサイズを注文したのが痛かったです。

惜しいことをしました。

ということで、製品自体はとても良いものだと思います。

大人用だけでなく、子ども用もラインナップされているので、

ご家族で揃えてみるのも良いのではないでしょうか。

地方では緊急自体宣言が解除されそうですね。

せっかく頑張って感染者数を減らせたのに、また増えてしまうんじゃないかと不安になってしまいます。

まだしばらくはマスクが手放せない状況が続きそうです。

早くマスクなしで外出できるようになると良いですね。

今日はここまで。

それではまた。

~THE END~

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました