デート中に事故、彼(彼女)に対しての対応や修理代はどうすれば良い?

ドライブデート中に事故を起こしてしまった様子 恋愛

こんにちは、ハインドです。

今日の記事は、

  • デート中の事故、彼女(彼氏)へのフォローはどうすれば良いのかな
  • 恋人の車を運転中に事故、どうすれば良いのかな
  • 事故の後、どんな風に接すれば良いんだろう
  • 事故を起こしたことで、相手の気持ちは冷めてしまうのかな
  • レンタカーで事故したら、どうなるのかな

こういった疑問をお持ちの方のために書きました。

ドライブデートで事故なんて考えたくないですよね。

でも事故にあうケースというのは意外に少なくありません。

私自身も運転免許を取って10年ほどになりますが、デート中の事故を2回経験しています。

そんな事故のとき、彼女(彼氏)への対応や車の修理代などの費用負担をどうするかなど、

たくさん気になることがあると思います。

今日は、そんなデート時の自動車事故に役立つ事をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

同乗者への気遣い

まずご紹介するのは、同乗者への気遣いです。

事故にあった時というのは、気が動転してしまっていて、冷静ではいられないものです。

そんな状況で、的確な気遣いができれば、相手を安心させることができますし、

頼もしさも断然アップします。

しっかりできるようになっておきましょう。

彼氏(ドライバー)からの気遣い

まず一番はじめにしないといけないのは、彼女にケガがないかを確認することですよね。

ちょっとした衝撃でも、首のムチ打ちなどになってしまう場合もあります。

少しでも体に違和感があったら言ってもらうようにし、必要なら救急車の手配をしましょう。

また、事故のショックでパニックになる人もいます。

そういった場合には、まずは彼女を落ち着かせるように心がけましょう

落ち着いた声で、「大丈夫だから心配しないで」と彼女に言ってあげましょう。

もっとも、あなた自身が落ち着いていないといけない事を覚えておいてください。

パニックになっている人に、大丈夫と言われて安心できる人なんていませんからね。

自分自身も事故で動揺してしまっているかもしれませんが、

そこはグッと堪えて彼女を安心させるように頑張りましょうね。

ちなみに事故の時にパニックにならないようにする方法は、

事故が起こった時の対応方法をしっかり頭に入れておくことです。

この後ご紹介しますので、しっかり覚えておきましょう!

彼女からの気遣い

助手席に座っている彼女が最初にとるべき行動は、彼氏の対応と同じく、

まずはケガのことを気にしてあげましょう

そして、次に気遣ってあげたいポイントは、彼への態度です。

事故を起こした時、彼自身も気が動転してしまっています。

  • 大切な彼女にケガをさせてしまってたんじゃないかな
  • 事故を起こしたことで彼女に嫌われたかもしれない
  • 事故の対応ってどうしたら良いんだ?!

こんなことが彼の頭の中では渦巻いていると思っておきましょう。

若干パニックになっている状態で、あなたが「もう最悪!」なんて一言を言ってしまうと、

彼はフリーズしてしまいます。

そんなセリフが出そうになってもグッとこらえて、

「大丈夫だよ」とか「(事故の対応は)これからどうする?」

という言葉をかけ、一緒に事故を解決しようとする姿勢を見せましょう。

もう10年以上も前の話ですが、年上の女性と一緒にドライブデートに行ったことがありました。

私の運転でのドライブだったんですが、狭い田舎道を走っている時に、

対向車を避けようと左に寄りすぎて、大きな石に車をぶつけてしまったことがあります。

その時、「ヤバい!彼女に嫌われたかも!?」と思ったんですが、

事故の事よりも私のケガや動揺していないかといったことを気遣ってくれて、

ホッとしたことがありました。

そのおかげで、彼女は私の味方をしてくれるんだと心強くなり、

慣れない事故対応でしたが、スムーズにこなすことができたという経験があります。

あなたが彼氏を安心させることで、彼も心強く感じ、的確な事故対応ができるようになります。

彼のサポートをすることを心がけるように意識していきましょう。

もっとも、事故が起こったときの一連の対応方法を彼氏が知らない場合もあります。

この後ご紹介する事故時の対応は、頭に入れておくようにしましょう。

スポンサーリンク

事故時の対応

事故時の一連の対応は、以下の通りです。

  1. ケガ人の有無の確認・救急車の手配
  2. 二次災害の防止(レッカーの手配)
  3. 警察への連絡
  4. 事故相手との連絡先等の交換・目撃者の確認
  5. 保険会社への連絡

詳しい事故対応は以下の記事にまとめてありますので、そちらで確認してください。

そして、必ず覚えておきたいのは、絶対にその場で示談をしてはいけないということです。

事故の状況によって、責任の有無や程度が変わってきます。

素人判断で、その場で解決してしまったがために、

本来負わなくて良かった負担を負うはめになることもあります。

ですので、絶対にその場で示談をしないようにしてください。

スポンサーリンク

事故の時の費用はどちらが払う?-事後トラブルを避ける方法

事故を起こしてしまった際には、事故相手への賠償や車の修理代、治療費など様々な費用が発生します。

これらの支払いは、誰が払うのかが曖昧になっていることが多く、トラブルの元になることが多いです。

事故時の各種費用は、事故を起こしたドライバーが負担するのが基本と思いがちですが、

状況によっては、同乗者にも払って欲しいという場合もあるでしょう。

法律上、責任があるかどうかは専門家にお任せすることにして、

ここでは事故後に彼氏彼女間でトラブルを起こさない方法をご紹介します。

自分の車を運転していた場合

ドライブデートでの事故で恋人とトラブルにならないオススメの方法は、

事故が起ったときの損害は全て自分が持つと覚悟を決めておくことです。

普通は自動車保険に入っていると思いますので、そちらで対応すれば良いでしょう。

万が一のことを考え、しっかりした補償を付けておくようにしたいですね。

最近の自動車保険では、対人、対物、人身傷害(自分のケガの補償)、ロードサービスなどは、基本的に付いています。

一方で、車両保険については、掛金が高額になることもあり、付けていない人も多いかと思います。

事故を起こした時に、自分の車が廃車になるようなことになっても構わないのか、

事故が起ったことで、恋人になんらかの責任を負わせてしまわないかということを考えて、

保険を準備するようにしましょう。

事故の時の金銭的な損害は、全て自分が負担すると思っておけば、

万が一の時、恋人に負担を押しつけるような事にもならず、トラブルになることもないでしょう。

そのためにも保険の補償内容は、デート前に必ず確認しておきましょう。

最近では一括見積りサイトなんてものもありますよね。

私も一度見直しをしましたが、とても便利で保険料もグッと安くなって良かったですよ。

リンク貼っておくので、良かったら活用してみてください。

リンク>>>保険の窓口インズウェブ

恋人の車を運転していた場合

恋人が運転に疲れて、運転を代わるということもあるでしょう。

こういった場合は、恋人の自動車保険の内容が、あなたが運転しても問題ないようになっていることが前提です。

しかし、事故の時にトラブルにならないためには、自分で対策するということを心がけてください。

なぜなら、恋人がちゃんとした補償に入っているかどうかが分からないからです。

友人女性で、疲れている彼に代わって運転をし、事故してしまったという方がいます。

事故するんじゃないかと恐がっている友人に、彼女の彼が

「保険は誰が運転してもちゃんと使えるようにしておいたから大丈夫」

と言ったことで、安心して運転を代わったところ、気づけば追突事故を起こしていたと言います。

彼女は保険に入っているから大丈夫だと思っていたようですが、

実際には、保険が使えるようにはなっておらず、

後になって、運転を恐がる彼女を安心させようと、彼がついたウソだったということが分かったといいます。

こういったこともあり得ますので、トラブルを未然に防ぐためにも、自分で対策をとっておきましょう。

具体的な対策は、他車運転特約ワンデー保険です。

他車運転特約は、他人の車を一時的に借りて運転している時に事故を起こした場合に、

自分若しくは家族が加入している自動車保険を使って、補償を受けることができるものです。

他車運転特約は、便利な補償である反面、使える条件が細かく決まっている場合が多いので、

デート前に、現在加入している保険代理店に必ず確認するようにしましょう。

ワンデー保険は、1日単位で自動車保険と同様の補償に入れる保険です。

こちらは、1年単位で入る通常の自動車保険と比べると、補償的に劣る部分があったりするので、

補償内容をしっかり吟味してから入るようにしましょう。

ワンデー保険は、いろいろな保険会社から出ているので、各社比較してみると良いと思います。

自分が運転中の事故は、自分で責任を取ると覚悟を決めておくことで、不要なトラブルを防げます

彼との関係を第一に考えるなら、彼に甘えることなく自分で対策しておくようにしましょう。

恋人が運転している時に事故にあった場合

恋人が自動車保険に入っている前提で、お話します。

恋人が運転している時に事故にあった場合、基本的には、自動車保険で対応してもらうことになると思います。

ただ、あなた自身もいくらか費用を負担するつもりでいると、

トラブルを避けられる可能性がグッと上がります。

自動車保険は、一度使うと次の更新時に掛金が上がってしまうのが一般的です。

掛金がどれくらい上がってしまうのかは、加入中の保険の内容によってかなり差がありますが、

その増加分の半額を負担する気持ちでいると良いでしょう。

具体的な金額で言えば、5万円くらいだと思っていれば良いと思います。

デートは二人で出かけるものです。

事故の負担を恋人だけに押しつけず、一緒に負担する気持ちがあれば、

どのような結果になったとしても、その後も良好な関係を築けると思います。

ちなみに、もし彼が自動車保険に入っていないような人なら、

そんな相手とは別れてしまった方が良いですね。

自動車保険は、事故相手や同乗者の治療費や賠償のために入るものです。

周囲の人のことを考えられないような人とは、人付き合い自体しない方が良いと私は思います。

レンタカーの場合

レンタカーを借りて出かけていた場合も、事故を起こしたときの負担は、

基本的に二人で分担するという考えでいましょう。

それが一番トラブルになりにくいです。

レンタカーの場合、事故を起こすとレンタル費用とは別にかかってくる費用があります。

対物賠償と車両保険の免責金額、さらにノンオペレーションチャージ、

そしてタイヤがパンクしたときの修理・交換費用などです。

レンタカー業者によっては、オプションの追加費用を支払えば、

これらの費用が免除されるところもあります。

そういったオプションがあるレンタカー会社では、

私はニッポンレンタカーを利用するようにしています。

また、いろいろ比較したいという場合は、

楽天トラベル(レンタカー)じゃらんレンタカーが使いやすいです。

万が一のことを見越して、追加費用を免除してもらえるオプションに入っておくのが無難だと私は思います。

それが事故後のトラブル防止に繋がりますよ。

リンク>>>ニッポンレンタカー
リンク>>>楽天トラベル(レンタカー)
リンク>>>じゃらんレンタカー

事故時の費用を相手に請求したり、請求されても払うべきでないこともある

事故のときの費用を相手にあえて請求したり、

相手から請求されても払わないようにすべき場合があると私は考えています。

これは、ドライバーがスマホを触っていたり、無謀運転などの危険な運転をしている場合です。

そのような周りから非難される運転をしていたにも関わらず、

彼女に事故時の費用を負担して欲しいなんてありえません。

こういった場合には、毅然とした態度で請求を断りましょう。

また、反対に同乗者がドライバーにちょっかいを出していたり、暴走運転を煽ったりといった場合、

事故時の費用を負担させるのは当然のことだと思います。

事故を起こすような危険な状況を作り出したのなら、それに対して責任を取らないといけないんです。

スポンサーリンク

初デートで事故!-でも、ピンチはチャンス!

初デートで事故なんて最悪ですよね。

考えただけでゾッとします。

しかし、そんな状況もありえない話ではありません。

万が一事故にあってしまった時のことを考えて、そんなの最悪だと考えているそこの読者さん!

ピンチはチャンスと考え方を変えましょう!

事故にあって動揺しない人はほとんどいません。

そんな中で、パニックにならず的確に事故対応ができると、

相手からものすごく頼もしく感じてもらえると思いませんか!?

普通は取り乱してしまう状況だからこそ、ビシっとキメるとかっこよく見えるんです。

的確な事故対応をするためには、事故の時にどのような事をすれば良いかを頭に入れておくだけです。

事故対応の流れを何度も確認し、しっかり頭に入れておきましょう。

そうすれば、ピンチのはずの事故が、あなたのかっこ良さをアピールする絶好の機会に早変わりです!

ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

事故の後、彼(彼女)にどんな風に接すれば良い?

事故から数日たって、彼(彼女)にどのように接すれば良いかわからないって方もいると思います。

まずは相手を気遣う言葉をかけてあげましょう。

体の調子は大丈夫か、気持ちの落ち込みはないか、車の修理状況、周囲の反応など、

事故に関連することを話題にして、相手を気遣う会話が良いです。

事故を起こしたことに触れるのは気まずいと考え、

事故がなかったかのように接していた友人がいましたが、

そちらの方がかえって会話がギクシャクして、気まずい雰囲気になったという話を聞きました。

事故というのは、大きな出来事です。

事故の事に触れると相手が取り乱してしまうようなよっぽどの場合を除いては、

一つの会話ネタというふうに考えて、積極的にコミュニケーションをとることをオススメします。

★ドライブの前の準備物、大丈夫ですか?★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

まとめ

今日は、デート中に事故を起こした時の対応方法をご紹介しました。

できれば事故なんて起こしたくないですよね。

でも自分ではどうしようもないこともあります。

どんなに気をつけていても事故にあってしまうことはあるんです。

もしそうなった時に、落ち着いて対応できるようにしっかり準備しておきたいですね。

みなさんの楽しいデートを応援しています。

今日はここまで。

それではまた。

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

~THE END~

コメント

タイトルとURLをコピーしました