こんな時どうすればいいの?!高速道路でのトラブル、その対処法とは

恋愛

こんにちは、ハインドです。

車でドライブといえば、遠出することがほとんどですよね。

そんなとき必ずと言っていいほど利用するのが高速道路。

一般道とは違い信号もなく、また速いスピードで移動できるためとても便利です。

しかし、そのように便利な反面、高速道路上でトラブルに見舞われた際には、一般道以上の危険が存在します。

トラブルに遭った際、あなたは同乗者を守ることができますか?事故に遭ったのにどうしたら良いかわからないとなれば、きっと同乗者は不安になるでしょう。

そこで今日は、そんな高速道路上でのトラブルにあった際に、どのように対処すれば良いのかをお伝えしたいと思います。

一緒にこんな記事も読まれてます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドライブデートで事故!女性を不安にさせない事故対応
こんにちは、ハインドです。素敵な女性とデートの予定が入ると本当に楽しみで仕方ないですよね。私もデートの日が決まってからは、どこに行こう、どんなスケジュールで過ごそうかと色々なことを考えて、当日までずっとソワソワしています。...
ドライブデートの前に気をつけたいポイント【自動車保険編】
こんにちは、ハインドです。あなたが今週末、素敵な女性とドライブデートに出かけるとしたら、きっと楽しみですよね。でも、もし万が一事故にあってしまったら、もし車のトラブルで動けなくなってしまったら・・・そんなときのこと考えたこ...
スポンサーリンク

高速道路上で事故や故障に遭ったときの対応

高速道路上で事故や故障に遭った場合、以下のよう順番で対応していきましょう。

  1. ハザードランプを点灯して、路肩に停車する
  2. 発煙筒や停止表示機材を車の後方に設置する
  3. ガードレールの外側など、安全な場所に避難する
  4. 警察等への救援依頼を行う

以下、詳しく見ていきましょう。

ハザードランプを点灯して、路肩に停車する

車の事故にしても故障にしても、まずは安全に路肩に停車することを心がけましょう。

その際、後続車に危険を知らせるために、ハザードランプを必ず点灯させます。

トンネル内や橋の上など、路肩が狭かったり路肩が無い場合には、できる限り広い場所で安全に停車できるところまで自走し、停車するようにしましょう。

車を広い場所に停車した後は、車内にとどまらず安全な場所に避難します。

ただし、ここで気をつけなければいけない事は、車外に出た際に、むやみに歩き回ってはいけないということです。

高速道路上で留まっていたがために後続車にはねられ、死傷する事故が相次いでいます。

自分の車の破損箇所を確認したり、事故相手との話し合いを行ったりということは、安全な場所に移動した後で行うようにしましょう。

発煙筒や停止表示機材を車の後方に設置する

車を安全に停車した後は、発煙筒や三角表示板などの停止表示機材を使い、後続車に危険を知らせます

停止表示機材は、停車した車から50m以上後方に設置します。(50m離すことが危険な場合は、安全な範囲で設置)

もし見通しが悪い道路の場合は、それ以上の距離をとって、しっかり後続車に危険を知らせることのできる場所に設置しましょう。

燃料が漏れている場合には、引火の恐れがあるので発煙筒を使用するのは厳禁です。

発煙筒は車に常備されているかと思いますが、共用で使用する車の場合、他の方が既に使用してあり、搭載されていないということもあり得ます。

出発前に確認しておきましょう。

また、高速道路上で車を停車する際には、停止表示機材の設置義務があります。

しっかり準備しておきましょう。

Amazon.co.jp: エーモン 三角停止板 国家公安委員会認定品(認定番号 交F16-2) 6640: 車&バイク
Amazon.co.jp: エーモン 三角停止板 国家公安委員会認定品(認定番号 交F16-2) 6640: 車&バイク
Amazon | 日語説明書!三角停止板・Vision-Life 自動車安全緊急対応 故障標識 三角停止表示板、180度調整 USB充電式 折り畳み式 緊急駐車時の必需品 車警告灯 、道路用 事故用 応急処置 停電・防災対策 登山・夜釣り・夜間作業・車の修理用 昼夜間兼用型 追突事故防止 18650電池2枚付き | 三角停止板 | 車&バイク
日語説明書!三角停止板・Vision-Life 自動車安全緊急対応 故障標識 三角停止表示板、180度調整 USB充電式 折り畳み式 緊急駐車時の必需品 車警告灯 、道路用 事故用 応急処置 停電・防災対策 登山・夜釣り・夜間作業・車の修理用 昼夜間兼用型 追突事故防止 18650電池2枚付きが三角停止板ストアでいつで...

なお、同乗者については、停止表示機材の設置中は安全な場所で待機(後述)してもらいましょう。

ガードレールの外側など、安全な場所に避難する

停止表示機材を設置したら、次は安全な場所への避難です。

基本的には、停車した車の後方で、なおかつガードレールの外側に避難します。

なぜ車の後方に避難するかというと、後続車が誤って停車中の自分の車に追突してしまい、その事故に巻き込まれる可能性があるからです。

また、ガードレールの外側に避難できないような場所の場合には、車から離れた場所で、できる限りガードレールに身を寄せるようにしましょう。

ここでちょっとした余談ですが、安全な場所に避難する際、もし余裕があるのであればブランケットなどを持って外に出ましょう。

高速道路上のガードレールは、行き交う車の排気ガスでとても汚れています。

避難する際にはガードレールを乗り越えなければならないことになります。

その際、着ている服が真っ黒に汚れてしまいますので、ブランケットなどをガードレールの上にかけ、その上を乗り越えていくことで、服が汚れないように配慮してあげましょう。

同乗者が女性の場合は、これだけで好感度がグンとアップします!

警察等への救援依頼を行う

安全な場所に避難できたら、最後に警察等への救援要請を行います。

携帯電話で110番するのはもちろんですが、1kmごとに設置してある非常電話で通報することもできます。

通報した際には場所が特定できるように、路肩にあるキロポスト表示を伝えるようにすると対応がスムーズにいきます。

なお、非常電話で通報する場合、電話機までの移動には十分注意しましょう。

まとめ:高速道路上でのトラブル、「やるべきこと」「やってはいけないこと」

簡単にまとめておきます。

  • ハザードランプの点灯
  • 路肩に可能な限り寄せて停
  • 車内にとどまらない
  • 高速道路上をむやみに歩き回らずに、安全な場所に避難
  • 停止表示機材で後続車に危険を知らせる
  • 警察等に救助要請をする
スポンサーリンク

高速道路上で地震に遭ったとき

ドライブ中に起こるトラブルといえば事故や故障がほとんどですが、地震も十分に起こりうるトラブルです。

阪神淡路大震災や東日本大震災といった大きなものだけでなく、小規模な地震も年に何度も発生しています。

万一地震に見舞われた時の対処法もしっかり確認しておいてください。

高速道路上で地震に見舞われた場合には、以下のような行動をとりましょう。

  • ハザードランプを点灯し、ゆっくり減速
  • 慌てずに左側の路肩に車を寄せる
  • のり面の下、トンネルの出入口付近を避けて停車する
  • 前後に車があるときは、ある程度間隔を空けて停車
  • 停車したあとはエンジンを切り、停止表示機材を設置する
  • ラジオなどの公共放送で情報収集

やはりまずは事故などの場合と同じく、ハザードランプを点灯し、安全に停車します。

このとき車を停車するのは左側の路肩になります。

これは本線側を緊急車両の通り道とするためです。

そして、のり面やトンネルの出入口が近くにある場合は、そういった場所を避け停車します。

こちらは地震時に崩落する危険があるためです。

また、停車した際、前後に他の車両がある場合には、余震に備えて他の車両との間に、ある程度の間隔を空けて停車するようにしましょう。

停車した後は、エンジンを切り停止表示機材を設置して、後続車に危険を知らせます

そして、ラジオ等の公共放送を使って情報収集を行いましょう

このとき気をつけておきたい事は、必ず公共機関が発信する情報を集めるということです。

SNSなどで情報収集を行う場合、不安を煽るデマ情報も多くあり、その情報に踊らされて適切な行動が取れなくなってしまう可能性があるためです。

もし車を離れて避難する場合には、サイドブレーキをかけ、キーを付けたままドアロックをせずに避難しましょう。

これは緊急車両が通れるように放置車両が移動される場合があるためです。

避難する際には、他の走行車両に引かれないようになるべく路肩に沿って移動し、可能であればガードレールの外側を通るようにしましょう。

スポンサーリンク

緊急連絡先の確認・登録

万一、事故等に遭った際の緊急連絡先は、必ず事前に確認しておきましょう。

自動車保険に加入している方がほとんどだと思います。

ロードサービスの手配や事故対応を要請するための緊急連絡先が、自動車保険証券に記載されています。

必ずドライブに出かける前に確認し、緊急連絡先をスマホに登録してきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

交通事故などのトラブルに遭ったとき、どうすれば良いか分からない方がほとんどではないでしょうか。

一般道でのトラブルでもどのように対応すれば良いかわからないのに、高速道路上となるとなおさらパニックになり、アタフタしてしまいます。

そうなったときに一緒にいる女性は果たしてどのような気持ちでしょうか?

きっと、とてつもなく不安で、あなたの頼りなさに愕然としてしまうでしょう。

そうならないようにドライブに出かける前に必ず対応方法を確認しておきましょう。

なにも準備をしなければ女性からの評価が下がる一方ですが、しっかり準備をしていくことで万一の事態に的確に対処することができれば、きっと女性もあなたに頼りがいを感じてくれるでしょう。

ピンチはチャンス!ドライブデート楽しんできてくださいね。

【参照】

  • 高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?ーJAFホームページ
  • 高速道路運転中にまさかの事故!高速道路の安全ドライブ3つのポイントー政府公報オンライン
  • 事故・故障・パンクが発生! ーNEXCO中日本ドライバーズサイト
  • 地震が来た! ーNEXCO中日本ドライバーズサイト

~THE END~

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました