切り捨てられる人は何が問題?!切り捨てる側の私が教えます!

切り捨てられてショックを受けている人 人間関係

こんにちは、ハインドです。

今日の記事は、

  • なんで自分は切り捨てられるんだろう
  • 人を切り捨てる人はどんなことを考えているのかな
  • 必要とされる人間になるにはどうすれば良いのかな
  • 一緒いたいと思われる人はどんな人なんだろう

こういった疑問をお持ちの方のために書きました。

「人を切り捨てる」と言うと冷たい印象を受けると思います。

私自身、たくさんの人間関係を清算してきました。

もっとも、誤解のないようにお伝えしておきますが、私の場合、切り捨てるのは相手に問題があると感じて、

早めに切っておかないとストレスの元になったり、後々トラブルに発展すると感じた場合だけです。

ですので、決していらないモノを捨てるように人を切るような冷酷なことはしていません。

そんな人間関係を整理してきた私ですが、今日は、切り捨てられる人の何が問題なのか、

切り捨てられない人になるにはどうすれば良いのかについて、お話していこうと思います。

こちらの記事も一緒に読まれています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

切り捨てられる人の特徴は?

ここでは、私が普段距離を置いたり、関係を断ってしまう人を一覧にしてみました。

切り捨てる側の人がどんな感情をいだき、関係を断つ決断をするのかもお話していくので、参考にしてください。

もし、当てはまるものがあれば要注意です。

面倒だと感じる人

  • いつも文句ばかり⇒あなたの言う通りだよ
  • 考え方がマイナス思考⇒そんなことないよ
  • 自慢話が多い人、自分のことを大きく見せたがる人⇒すごい!さすが!
  • 調子づいている人⇒あなたに勝てる人はいないね!
  • 正論ばかり言う人⇒しっかりしてるね、さすが!

(「⇒」で示されている文章は、面倒な人が周囲から言って欲しいと思っている言葉です。)

こういう人達は結局決まったセリフを言って欲しいだけなんですよね。

一緒にいるととにかく面倒で疲れる人たち。

こんな人の相手をしてエネルギーを消費するのは本当に時間のムダです。

そんな時間があるなら、大切にしたいと思う人たちのために使いたいですね。

安心感がない・信用できない人

  • 人の悪口を言う
  • うわさ話をする人
  • ウソばかりつく人
  • キツい口調

悪口やうわさ話をする人は安心感がありません。

見えないところで自分のことも言われてるんじゃないかと不安になります。

ウソばかりつく人は、こちらを騙して不利益になることを押しつけてくるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

キツい口調の人は、いつも怒られているような気持ちになります。

こういった人たちを相手にする時は、いつも気が抜けません

言っている本人としては、ちょっとくらい良いかと思っていたり、

悪い場合には自覚がなかったりすることが多いように感じますね。

これらの言動は、ちょっとのことでも人からの信用を無くしてしまいます。

私は、これらの人とは基本的に関係を断つようにしています。

冗談と言いつつ人のことをからかってバカにする

こういうタイプは本当に鬱陶しいですよね。

言っている側は冗談だと思っていても、言われている側は傷ついているということは、よくある話です。

言っている側は、「冗談」という言葉を使えば何を言っても良いと思ってるんですよね。

私もよくからかわれた経験がありますが、本当にしんどいです。

特にグループの場合には、リーダー的な人がいじられキャラ役の人をいつもからかっていたりして、

気付けばいじめなんじゃないかと思うくらいにエスカレートしている場合もあります。

私は、からかう側、からかわれる側のどちらにもなりたくないので、近づかないようにしています。

一緒にいるだけで同類と見なされてしまいますからね。

普通に会話するだけでも嫌です。

横柄な態度、上下関係を作りたがる人

横柄な態度で接してくる人は、単純にイライラします。

そして、そのような態度で接してくる人は、まず間違いなく上下関係を作りたがります。

下の立場になった人は、理不尽な態度に我慢しないといけなくなり、本当に嫌な目にあいます。

むかし働いていたバイト先の先輩がこのタイプでした。

なんでもかんでもその先輩の価値観に合わせるように強いられ、

パシリに使われたり、食べ物の好みにまで口出しされるような状態でした。

かなりストレスを感じていたのですが、タイミング良くバイトを辞めることができたので、

それっきりとなりました。

もう会うことも連絡をとることも絶対にありません。

コミュニケーションが円滑に進まない

今まで出会った人の中に、とにかく自分の話ばかりで、会話にならない人がいました。

会話というのは、言葉のキャッチボールだと私は思っています。

しかし、一方的に話をされ、こちらとしては相槌を打つことしかできないような状態では、会話とは言えません。

一方的にボールを投げつけられ、サンドバッグ状態です。

また、勝手な思い込みで話を進める人も、会話の内容がめちゃくちゃになるので、

近づかないようにしています。

馴れ合いを好む人

馴れ合いを好む人は、自分の価値観を押しつけてくる人だと思います。

私は、人の数だけ価値観も多様にあって良いものだと思っています。

ですので、こういった価値観を押しつけてくる人はストレスに感じてしまいます。

また、自分たちの考えに合わない人に対しては、

冷たい態度を取ったり、攻撃したりすることが多あるので、関係を断つ対象になります。

人のことを振り回す人

私は、自分のペースを乱される人とは一緒にいたくありません。

周りを振り回す人は、人の価値観やスケジュールなんてお構いなしに振舞います。

あたかも人のことを自分の所有物かなにかだと思っているんでしょうね。

デメリットしかないので、確実に切る対象になります。

スポンサーリンク

「切り捨てられる人」にならないためには

これは端的に言うと、「必要とされる人間になる」ということ。

まあ当たりまえの話なんですけどね。

じゃあ人から必要とされる人がどんな人かと言うと、以下のような人です。

  • 明るい
  • ポジティブ・プラス思考
  • 人を褒めることができる
  • 人の気持が分かる
  • 気遣いができる
  • 人の話をしっかり聞ける

やはり、こういった人たちはどこに行っても好かれていますね。

明るい人やポジティブな人は、見ているだけで気持ち良いです。

褒められて嫌な気分になる人はどこにもいませんよね。

褒め上手はニーズ高いですよ。

人の気持ちが分かる人は、落ち込んでいる時などに心強いです。

気遣いができる人は、プライベートでもビジネスでも重宝されます。

そして、人の話をしっかり聞ける聞き上手。

必要とされる人間になるなら、私はこの聞き上手が一番のオススメです。

なぜかというと、聞き上手には人から好かれる要素が一通り詰まっているからです。

  • 明るい表情
  • 相手を褒める
  • 傾聴(相手の気持ちを汲み取り寄り添う)
  • ネガティブ思考な相手をポジティブにさせる

こういったことができるようになるのが聞き上手です。

実を言うと私自身、昔は切り捨てられる側の人間だったんです。

ずっと嫌われ者だった私ですが、ある時、人間関係で大きなトラブルになったことをきっかけに、

自分の性格を変えたい、人から好かれるようになりたいと思い、改善に取り組みました。

その改善の中で特に意識していたのが、聞き上手です。

効果は抜群で、今までは自分から人に寄っていっていたのが、

気づけばたくさんの人が私に寄ってくるようになっていました。

人ってね、話を聞くより聞いて欲しい生き物なんですよね

だから、みんな聞き上手に寄ってくるんです。

聞き上手になるための方法は、別記事で書いてますので、こちらをご覧ください。

男女問わず、あらゆる人からモテます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

ありのままの自分を受け入れてくれる人を探すのも大事

切り捨てられないために自分を変えていくのは、成長するという意味で良いことだと思います。

しかし、ありのままの自分を受け入れてくれる人を探すというのも、私は良いと思っています。

どんなに自分を変えても合わない人や受け入れてくれない人というのは必ずいます

必要とされる人になりたいと努力してきた私ですが、相手から距離を置かれたり、

壁を作られたりということが今でもあります。

そう考えると、どんなに頑張っても合わない人は合わないし、

絶対に受け入れてもらえないという事もあるんですよね。

それだったらムリに自分を変えずに、

ありのままの自分を受け入れてくれる人を探しても良いのではないかと思うんです。

決して自分のことを悲観的に見るのではなく、一つの個性として認めてあげるのも大切なことです。

こんな方法もあるんだと参考までに覚えておいてもらえればと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、こんな人は切り捨てられるよって話でした。

切り捨てられないように改善するのか、自分の個性を認めてくれる人を探すのかは、あなた次第です。

どちらであっても、あなたにとって良い結果になると思います。

モヤモヤと考えていても始まりません。

まずは行動しましょう。

あなたの幸せを願っています。

それではまた。

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

~THE END~

コメント

タイトルとURLをコピーしました