【この程度で審査通過?!】合格して分かったアドセンス審査のポイント

日記

こんにちは、ハインドです。

Google AdSense(以下、アドセンス)の審査、2019年7月27日に無事通過しました!!

アドセンスは、アフィリエイトやるなら必ず登録しておきたい広告の一つですよね。

ブログを始めてすぐ、本当に何も分からない中で、アフィリエイトやるならとりあえず申請しておこうとアドセンスに審査申請。

そして不合格

まあ当然の結果なんですよね。

記事数0、サイト運営日数1日!

もちろんポリシーなんてのも全く読まず、その辺のショッピングサイトに会員登録するノリで申請!

もうちょっと勉強してから申請していれば一発で審査に通過できたのに、不合格になって無駄にショックを受けていました。

まあ自分の性格上、頭でっかちになって、なかなか行動に移せないという欠点を認識していたので、「考えすぎずにとりあえずやってみよう」の精神で行動してみた結果でした。

そして、次回申請するときは色々調べてからしようと思っていたにも関わらず、記事作成に疲れ果てて、ちゃんと調べることができないままに、また申請。

そしたらなんと見事に審査通りました

つくりもかなり雑なサイトのままで、記事数も少ないなか審査に通過したというのは、アドセンス審査の最低ラインとしてのモデルケースになるのではないかと思い、この記事を書いています。

大した内容ではないですが、アドセンス審査通過のための参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス審査申請時の状況

  • アドセンス申請時の状況
    • 記事数:6記事
    • 記事文字数平均:約3,900文字
    • ブログ運営歴:約3ヶ月(初記事投稿から約1ヶ月)
    • 記事更新頻度:1週間に2記事程度
    • 申請から審査通過までの時間:約17時間
  • サイトの構成
    • WordPress(テーマ:Cocoon)
    • 固定ページなし
    • プライバシーポリシーなし
    • 楽天アフィリエイトの広告あり
スポンサーリンク

最初に申請を出した際の不合格理由

こちらは単純にコンテンツが全く無いということが、不合格になった理由です。

まあ不合格になって当然ですよね。

「審査」するといっているのに、審査する対象が一つもないなんてありえないですもんね。

審査基準についても全く調べることなく申請を行っていたのでこの有様でした。

しかし、今となっては知識がない状態で申請してみて良かったと思っています。

なぜなら、アドセンスの審査基準をネットで検索してみると、最低でも10記事必要だとか、20記事必要だとか、皆さん言っていることが様々で、正直どれを信用して良いか分からず、身動きが取れなくなってしまうからです。

そういった審査基準を書いている記事の中には、「一発合格しないと、二度目以降での審査通過は難しくなる」といった記事も見受けられました

自分の性格上、このような記事を見かけると、「あと一つ記事を書いてから申請しよう」「もう少し余裕を持った記事数を書いてから申請しよう」と二の足を踏んでしまいます。

ですので、とりあえず申請してみてダメだったけど、少し記事書いてからまた申請すれば良いやと、軽い気持ちで申請するスタンスでいることは良かったなと思います。

スポンサーリンク

サイト運営期間

サイト自体の立ち上げは、2019年4月の終わり、実際に記事を書き始めたのが、6月の終わりです。

サイトの立ち上げから数えると3ヶ月記事を書き始めてからの期間で数えると1ヶ月といったところですね。

グーグルがどういった基準でサイトの運営日数をカウントしているのかはわかりませんが、最低でも1ヶ月あれば、運営期間の条件はクリアできるということになります。

まあ他の方の報告を見ていると、一週間程度の運営期間でも通過している方もいらっしゃるようなので、あまり深く考える必要もないのかなという印象です。

スポンサーリンク

それぞれの記事数

記事の文字数の平均は、約3,900文字でした。

  • 最高文字数は、5,582文字
  • 最低文字数は、2,972文字

通過報告をしている人の中では多めの文字数なのかな?

2,000文字程度での審査通過が比較的多い気がしますね。

最初は、最低2,000文字は一つの記事で書こうと目標立てて書き始めましたが、自分の考えや気づいたことを織り交ぜて書いていくと、意外とすぐに超えてしまうことに気づきました。

文字数が少なくて審査に通ってないような方がいらっしゃるんであれば、「自分の考え」「自分の想い」を織り交ぜて、最低2,000文字の記事を頑張って書いてみてください。

スポンサーリンク

記事を書く際に気をつけていたこと

記事を書くときは、以下のことに注意しながら書くようにしていました。

  • 画像を挿入していた
  • 大事な部分は、太文字にしたりハイライトを使って強調した
  • リスト機能を使って要点だけをまとめることを心がけた
  • 引用などはしっかりルールに乗っ取って行った
  • 誤字・脱字のチェックは最低3回行うようにした
  • 違和感のある文章、構成をしっかりチェックしていった

記事を書く際にやっていたことをまとめて言うと、「ブログ訪問者に記事の内容がより分かりやすく伝わるよう心がけた」ということになるでしょうか。

また、引用ルールについては、ちゃんと引用符を使って表示することで、ルールを守ってるということをアピールできるので良かったのかもしれません。

自分が調べ物をするために、いろいろなサイトを訪問した際、どういったサイトなら信用できるかどんなサイトならすぐに違うサイトに移ろうとするかといったことを考えながら記事を書いていくと、自ずとユーザーファーストなサイトが作れるのではないでしょうか。

そうすれば簡単に審査にも合格することができると思います。

スポンサーリンク

記事の更新頻度

記事の更新は一週間に2記事程度です。

そんなに多い方ではないと思うので、更新頻度もよっぽど時間が空いていない限りは、それほど考える必要はないのではないでしょうか。

余談ですが、目標は1日1記事の更新で、記事の構成を考えて書いて、見直しをして、写真を準備して・・・と一つの記事を書いていくのになかなか時間かかりますよね。

本業やプライベートのお付き合いなどがある中で、記事を毎日書いていくことがこんなに大変だとは思ってもみなかったです。

ブログ続くんだろうか・・・それが今一番心配です!

スポンサーリンク

楽天アフィリエイトの広告

審査申請を行った際、記事の中に楽天アフィリエイトの広告をいくつか貼り付けてありました

問題なく審査通ったので、あまり重要でないんだと思います。

特に調べたわけではなかったのですが、「違う会社の広告を貼り付けてあるのってまずいかな?!」というちょっとした不安がありました。

しかし、「ダメなら修正してまた申請すれば良いや」と、とにかくやってみる精神で審査申請しました。

スポンサーリンク

サイトの作り込み度

ほぼ初期設定のまま、ヘッダーの画像を変更した程度のサイトで申請しました。

プライバシーポイシーもなかったですし、こんな状態でまさか審査に通るなんて思ってもみなかったです。

あっ!お問合せフォームは設置してありました

まあ他の方の報告見ていると、フォームがなくても通過している方もいたので、絶対必要というわけではないのでしょうけどね。

スポンサーリンク

まとめ

自分でもこんな状態で通るんだと少しビックリしています。

しかも審査にかかった時間がたったの17時間

金曜日の夜に審査申込みをして、翌日のお昼過ぎに通知が届きました!

たくさんの方がアドセンスの審査報告をあげてくれていましたが、こんなにあっさり合格してしまうと、なんとも拍子抜けです。

これから審査を受ける方は、とりあえず一定のボリューム(2,000文字程度)がある記事数記事(5記事程度)書いてとにかく一度、審査申請してみることをオススメします。

私みたいにダメ元で通る可能性も十分にあり得ます。

他の方の結果報告と比べると、中身の薄い記事になってしまいました。

これからアドセンスの審査を受けられる方、審査に落ちてふさぎ込んでいる方、気負いせずに頑張ってください!

ブログ更新の励みになりますので、1クリック応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました